Riiid
は客観式テストの革新的な代案に
人工知能ベースの
アダプティヴラーニングプラットフォームを
開発します。

「Santa」は、韓国マシンラーニング分野での最高の専門家集団であるKAISTとの技術提携により開発された最先端LMS(Learning Management System)を搭載したアダプティブラーニング(Adaptive Learning)プラットフォームです。ユーザーの試験日時、目標点数、現在の実力を正確に把握し、最も最適化されたカリキュラムをユーザーに提供します。A to Zソリューションを掲げる「Santa」は問題から学習カリキュラムや学習コンテンツに至るまで全てをカスタマイズ化し、ユーザーが塾や問題集、インターネット講義といった他のコンテンツに頼ることなく、最短・最小限の問題を解くことにより目指している日付までに目標点数を達成することを可能にします。このように、持続的に学習者の実力に合わせて異なるカリキュラムを提供するLMSは、まさに「Santa」の核心的な技術です。
Riiidのアダプティヴラーニングプロジェクトの最初のプロダクトであるサンタTOEIC(Santa for TOEIC!)は年に200万人以上が受験するTOEICに最適化されたアダプティヴ・トイックの学習ソリューションです。各ユーザーの学習状態を分析しビジュアルアナリティクスにより表示、それぞれに合わせ弱点を補充できるアダプティヴコンテンツを推薦するモバイル基盤の学習サービスです。韓国のGoogle PlayやApp Storeで平均評点4.9を記録し、大学生や就職活動生、サラリーマンたちの間で口コミで広まり、TOEIC必須アプリとして高い反響を得ています。
「スマートな間違えノート」としてその名を知らせた「Renote」は、Riiidのアダプティヴラーニング技術の基礎固めとなったR&Dプロダクトとして誕生しました。問題集をいちいち切り取って貼り付ける煩わしさをなくし、スマートフォンを数回タッチするだけで見事に再現し、学生の間で大反響を得ました。また、Google Playが選定した「デザインが美しいアプリ」に選ばれ注目を集めました。RiiidはReonoteから約30万件の誤答データを収集し、そのデータを分析することにより独自の技術でアダプティヴラーニングの初期のアルゴリズムを開発しました。